シモハナ物流 中途正社員・アルバイト・パート求人情報

運ぶのは人、つなぐのは人 運ぶのは人、つなぐのは人

スタッフインタビュー

厚木営業所 所長松尾実さん

入社17年目 男性 40歳

入社のきっかけ、仕事の内容について

入社のきっかけ、仕事の内容について

シモハナ物流では、高校生からアルバイトで働いていました。そして高校を卒業し、そのままドライバーとして入社。2、3年、中型トラックでのドライバーをやっていました。
その後、私は一度シモハナ物流を辞めています。理由は大型トラックで仕事をしたかったから。私が大型運転免許を取った時、シモハナ物流はまだまだ広島県の小さな運送会社。会社に大型トラックが無かったんです。シモハナを飛び出し半年ほど大型トラックドライバーをやりました。でも、若かったんでしょうね、なかなか仕事がうまくいかずに、そのドライバーの仕事をあっさり辞めてしまったのです。やることも無く、過ごしていたところをシモハナでお世話になった先輩に見つかりました(笑)。正直に、転職先を辞めたことを言うと、もう一度シモハナに戻ってこいと怒られました。バツは悪かったですが嬉しかったですね。

仕事でやりがいを感じられる瞬間は?

仕事でやりがいを感じられる瞬間は?

当時、シモハナ物流では引っ越し事業部があり、そこでの営業担当が新しい仕事になりました。ドライバーとは全くかけ離れた仕事でしたが、良い仲間にも恵まれたこともありますし、先輩の気持ちにしっかり応えたい。そんな気持ちもあったからでしょうか、最終的には引っ越し部門のトップのポジションになることができました。
その後、自分は引っ越し事業部から、食品配送の事業部に異動することになります。詳しく話すと長くなるのですが、そこにはシモハナ物流らしい理由があります。入社された方はぜひ聞きに来てください。
現在は厚木営業所の所長として勤務しています。あの時、先輩がパチンコ屋で私を見つけてくれなかったら、声をかけてくれなかったら、会社に掛け合ってくれなかったら。そう思うと感謝の気持ちしかありませんね。

キャリアアップや将来の目標について

キャリアアップや将来の目標について

所長としては、厚木営業所の全てをトータルに管理しています。当社はすべてのポジションにおいて、自主性を重んじてくれる社風。私は厚木営業所の経営・運営、目標の売上金額まで、すべてを任せていただいています。もちろん責任は大きいですがやりがいも大きくなります。今後は広島発の会社の利点を活かし、地方に強い輸送力を武器に、さらなる成長を目指しています。まだ関東にはシモハナの拠点は2つしかありませんが、まだまだ増やしていこうと思っていますし、それができる会社だと確信しています。
私自身ここまで来るのには、山あり谷ありという感じですが、シモハナだったからこそ、ここまでやってこれたんだと思っています。新しい仲間にもそれはすぐに感じてもらえると思っています。