シモハナ物流 中途正社員・アルバイト・パート求人情報

運ぶのは人、つなぐのは人 運ぶのは人、つなぐのは人

スタッフインタビュー

甲子園営業所 庫内作業スタッフ安田由佳さん

入社5年目 女性 49歳

入社のきっかけ、仕事の内容について

入社のきっかけ、仕事の内容について

シモハナに入社する前は、別の運送会社でトラックドライバーをしていました。乗っていたのは中型の3tトラックになります。ドライバーは15年以上やっていました。私がシモハナに転職した理由は結構単純なんです。実は“ユニフォーム”が気にいったから。運転中シモハナのユニフォームを着たドライバーを一目見た時。清潔でカッコイイ!自分もあの制服を着てお仕事をしたいと思ったんですね。すぐに求人を探し、シモハナに応募をしたんです。思い立ったらすぐに行動に移すタイプなんです(笑)。
あこがれのシモハナのユニフォームを着てのお仕事も、もう5年目になりました。入社当初はやり慣れたドライバーとしてお仕事をしていましたが、2年くらい前から庫内作業スタッフとして働いています。今、担当しているのは、食料品の仕分け・入出庫業務になります。

仕事でやりがいを感じられる瞬間は?

仕事でやりがいを感じられる瞬間は?

私たちが担当している商品は“卵”。関西近郊のスーパーマーケットや飲食店に、この卵を届けるための仕分けを行っていくのが、私たち倉庫内スタッフのお仕事。卵だけに扱いも慎重になり、神経も使います。1日に8万パック。1パック10個なので、毎日80万個の卵と格闘しています(笑)。
ドライバーから倉庫内の仕事に変わり、最初は慣れませんでしたね。ドライバーは基本一人で行うことが多く、責任は大きくなる分、自分ペースでお仕事をすることができていました。でも庫内の仕事は違います。たくさんの仲間が力を合わせて行わなければ、うまくいきません。お仕事の一つひとつは決して難しいお仕事ではありませんが、チームワークがとても大切なんです。
でも大変な分、仲間と一緒に仕事をやり遂げる感覚は、ドライバーとは異なったやりがいに溢れたお仕事だと思っています。

キャリアアップや将来の目標について

キャリアアップや将来の目標について

現在、一緒に頑張ってくれているチームは12名。女性の方が少し多め。庫内の作業は決して力仕事ではありません。もちろん忙しい時は、皆さん走り回っていますが、女性の方も問題なく活躍することができています。体を動かすのが好きな方なら大丈夫。
私は社員スタッフとして作業全体の進捗の管理、アルバイトスタッフへの指示出しなどを行っています。今でこそなんとか形になってきましたが、正直、庫内でのお仕事に慣れるまで時間がかかりました。ドライバーからの異動でプレッシャーがありました。でも上司を含め一緒に働く皆さんが、私を支えてくれたからこそ、ここまでやってこれたんだと思っています。将来的には、新しく仲間になる方が不安なく働けるよう、今以上にしっかりとサポートしてあげたいと思っています。自分が助けてもらってきたからこそ、そう思うのです。

シモハナ物流はこんな会社

スタッフはとても優しい方が多いと思います。困ったことがあったら助け合える。例えチームが違っても、自分の仕事が多少止まっても、助けてくれる。そんな会社。風通しも良く、しっかり自分の意見、困ったことが言える会社です。きっと新しい方も気持ち良く働いてもらえると思います。